トップ / 精神科に勤務する医師

精神科医師の必要性

精神科に勤務する医師

images001

精神科で働く医師のニーズ 

今、人の「こころ」を治療する医師のニーズが高まっています。精神科と言うとどのような症状を持つ人が訪れる場所だと思うでしょうか。テレビでも頻繁に報道されている過労や危険ドラッグの使用の他に、高齢化社会の日本では認知症患者などもこの精神科に受診する対象です。この分野の専門医は約1.4万人居ると言われているのに対し、精神疾患により医療機関にかかっている患者数は毎年300万人を超えているとの調査結果があります。このことから良質な医療を提供する医師の不足が見て取れます。高齢化が進み、社会が疲弊する社会では今後も精神科医のニーズは増加していくと考えられます。

患者の不安感を取り除く精神科 

現代社会において、ストレスを抱えておられる方は少なくないかと思います。歳を重ねるごとに会社での役割が増え、責任が重くなることによるプレッシャーを感じる等で沈み込んではいませんでしょうか。放っておくと精神面だけでなく、身体的にも異常をきたしてしまい、社会復帰するにも影響が出てしまいます。いち早く社会復帰するためにも精神科医師に相談をし、適切な処置をしてもらうことが大切です。精神科医でアドバイスをしてもらい、場合によっては薬を処方してもらうことによって心が元気になり、自らの社会での役割も果たせるようになるでしょう。おかしいと感じたら医師を頼りましょう。

医師と需要の情報