トップ / 日本から海外へ行く医師

海外で働く医師の意義

日本から海外へ行く医師

海外で仕事をする医師 

日本では医師が研究をする機関が整っていますし、医療設備も最新のものを導入しているところが多いので、救命率も高いです。しかし海外に行くと、医療が不足をしているということもあり、日本であれば簡単に治療をすることができる疾患であっても命を落とすことがあります。医療を必要とする地域に医師を派遣するプロジェクトもあり、より多くの人を助けることができています。設備や機器が不足をしているところだからこそ、需要も高いですし、海外での経験を積むことで新たにやりがいを見つけることもできます。

海外の医師制度について 

海外の医師は日本とは違う点が多くあります。アメリカやイギリス、ドイツなどでは専門医制を採用し、免許は各診療科ごとに交付されます。複数の科を標榜するには複数の免許が必要になるということです。さらに処置や手術についても専門の許可を受ける必要があります。免許を受ければ基本的にどの科でも標榜できる日本とは対照的です。海外においても医師会を重んじる国は多く、とくに医学の伝統が古いドイツでは絶大な権威をもっています。会が認定する専門医試験に合格しないと診療科を標榜することもできませんし、健康保険の診療報酬を請求するこ

医師と需要の情報