トップ / 長寿大国日本の医師不足

日本の医師不足と対策

長寿大国日本の医師不足

人口に対する医師の不足 

ここ最近は人口に対する医師の数の不足が叫ばれています。数が不足すると、どの病院も医療体制を縮小するしかなくなり、来る患者を診察できないということが起こります。最悪、医療難民を生むということになりかねません。しかし、そもそも医者は他の職業よりずっと給与もよい職業ですから、忙しすぎることなどを改善すれば、その仕事を志望する若者はこれから増えてくることでしょう。そもそも、日本では人口に対する医師の割合はずっと低いようです。時代によって増減の揺らぎのない安定した人数の確保がこれからは望まれます。

日本の人口と医師不足 

日本は現在世界一の長寿大国であり、高齢化社会と言われていますが、それでも誰もが医師のお世話になることがあると思います。全ての方が健康に天寿を全うできる訳ではありません。病気になると、独立しての生活は困難であり、家族・医師などの医療スタッフ・介護スタッフの援助は不可欠です。また多くの方が少しでも長く健康でいられるようにするための医療技術の発展も必要です。現在の高齢者人口は3,186万人、総人口の25.0%が高齢者です。健康に天寿を全うするため将来の医療技術の発展が期待されます。

医師と需要の情報