トップ / 医師がうつにならない為に

医師の為のうつ対策

医師がうつにならない為に

医師がうつになりやすい理由 

現代において、うつ病になる人は5人に一人といわれています。性格的にはまじめで優等生タイプの人がなりやすいようです。職業の中でなりやすい業種が医師です。人の命を預かる大変ストレスの掛かる責任の重い仕事です。そして、長時間の重労働勤務に値するので、精神疾患には大変罹りやすい環境に身を置いています。「医者の不養生」という言葉がありますが、患者のことが第一優先で自分のことは後回しになりがちです。普段から生き抜きや仕事のセーブをし、医師同士でケアし合うなどが出来ると素敵ですね。

医師はうつになりやすい 

お給料はいいとはいえ、かなりハードな仕事ですから、医師は自分自身がうつになるということも多い職業です。ですから、ただ仕事熱心というだけでなく、どんな風に気持ちを切り替えていくか、具体的にその方法をもっていることが大切です。医者自身が病気では患者は診ることができませんから、ストレスをため込まない自分なりの方法を持っているというのも大事な要件と考えるべきでしょう。うつになる医師はやはりまじめで仕事一辺倒の人が多いようです。先輩などはそういうことにも知識があると思いますから、相談して話をきいてみるのもいいですね

医師と需要の情報