トップ / 医師の働き方いろいろ

医師の夜勤と非常勤

医師の働き方いろいろ

医師に夜勤は付き物です。 

病院で働いていると急患があり呼び出しがあることは日常的です。医師に夜勤は付き物ですが、順番交代で勤務するため身体に負担を掛けることは省かれています。いくら24時間体制で仕事を行っていてもきちんと仕事をすることが出来なければ意味がありません。夜遅くまで働いて人の命を救うこと、それが使命で命を助けることが出来るのは一人しかいないという気持ちで医師になると夜勤は苦になりません。もちろん大変な仕事なので疲れることもありますが、自分自身が選んだ道なのだから一人一人にきちんと向き合って仕事をこなすことが大切です。

非常勤医師の特徴やメリット 

常勤医師とは、1日8時間程度の勤務をおこない、週32時間、週4日勤務している方で、給与に関しては固定給となり社会保険料も会社負担となったり、様々な福利厚生を受けることができたり、確定申告を自分でおこなわなくてもいいなど様々なメリットがあります。それに対して「非常勤医師」に関しては、給与面や福利厚生面などその優遇面において差がありますが、自分の都合のいい曜日または時間に勤務できるので時間の融通がきくことや、体力面や精神面での負担を軽減できることなどがメリットです。

医師と需要の情報