トップ / 救急専門の医師が必要

医師のニーズがある所

救急専門の医師が必要

images001

救急専門医師のニーズ 

救急専門の医師は迅速な判断が求められますし、要請が多い地域もあり、満足できる対応をすることができないという事もあり、志望者が少ないようです。ある程度のキャリアを積まなければ、対応が十分にできないようで、一人前になるまでに時間がかかります。ニーズが高いのですが、それでも十分なスタッフを確保することができないということは大きな問題として残っています。医療機関の中でもハードな部署ということがあるので、救急専門の医師が更に減ってきているようです。しかし、この仕事は本来、目の前にある命をチームで救う、対応をするという点に達成感を得られる誇りの高いお仕事です。安心をして生活をすることができるのも、もしもの時に助けてくれる医療従事者がいるからなのです。ニーズが高いということもあり、高度な医療に関わることもできるのでやりがいはありますし、勉強をする機会も得ることができます。また経験をすることでオールマイティーに対応をすることができるようになります。今後志望者が増えることを祈ります。

救急救命センターの医師のニーズ 

事故による怪我や、急病などはいつ起こるか予測が付かず、それが重篤な症状の場合は、一刻も早く病院に搬送する必要があります。一分一秒を争うなか、病歴や症状を本人や家族から聞き、搬送することが可能な病院を探します。救急患者の受け入れを行っている病院では、搬送されてきた患者さんの情報や所見をもとに判断し、適切な科に移動します。そして、夜間であれば当直している内科や外科、または救急救命専門医などが処置に当たります。医師がその地域の救急医療のニーズに応えられるかどうかは、病院の設備や受け入れ態勢と密接に関わっています。そのため、勤務を希望する場合は、どのようなタイプの病院や救命センターがあるかを、あらかじめ調べて知っておく必要があります。この分野は、地域によっては適切な人員が不足しているという場合もあるため、求人なども多くみられます。とくに、救命センターの経験者はもちろん、体力のある若い医師のニーズが多いのが特徴です。

医師と需要の情報